4時間前に投稿
1日前に投稿

aurorae:

植田正治 UEDA Shōji

2日前に投稿

poplifeplus:

via present&correct

4日前に投稿
みなさん、おいしいココアの作り方ってご存知ですか?

これは私が学生時代にアルバイトしていた店のシェフが、
店をクローズした後に、厨房のみんなに
「おつかれさま」と振舞ってくれたココアの入れ方です。
私はここで「バンホーテン」を初めて知りました。

よく「少量の水でペースト状に練る」とか「沸騰直前で火を止める」とか
言いますが、おいしいココアのコツはただひとつ、「煮込む」だけ。


◇おいしいココアの作り方◇

①手鍋に牛乳とココアパウダーと砂糖を入れる。
量はお好みで。

②中火にかけ、ココアパウダーが牛乳になじむ程度にかきまぜる。
その間にカップの準備でも。

③鍋ふちが沸騰してきたら、弱火にしてかき混ぜる。
スプーンでもフォークでも箸でも結構。

④焦がさないように気を付けながら、
ココアパウダーが牛乳と完全に一体化するまでかき混ぜる。
要するに、とにかく混ぜて煮込むだけってことです。

⑤温めておいたカップにココアを注ぐ。
冷めたらおいしさ半減です。あつあつを。

⑥使用済みの鍋には速やかに水を入れておく。
後片付けも幸せな気分のままで終えたいものです。

砂糖が入っている調整済みココアでも、この方法で入れるとおいしいですよ。
ココアを完全に溶かすことで、ココア本来の苦味とコクが生かされるそうです。

なめらかな飲み口でほっとできる味です。
カップ底にココアが残ってて苦いじゃねーかってことも、
ココア色の泡でお口の周りがおひげになることもありません。
4日前に投稿
gkojax:

toyolina:

konishiroku:

竜を滅ぼし破壊神シヴァ|川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba

恐竜が絶滅した理由には様々な学説があるが
その中でも最も知られているのが巨大隕石の衝突だ。
6500万年前、メキシコのユカタン半島沿岸に
直径10kmの巨大隕石が落下し、これが世界規模の
気候変動を引き起こして恐竜など様々な生物が
絶滅したというものだ。
その衝突エネルギーは広島型原爆の50億倍という
凄まじい破壊力といわれいる!

そして現在、その傷跡はユカタン半島沿岸に
直径にして160~240kmもある「チチュルブ・クレーター」
とよばれる大きなクレーターが地下深くに埋もれているという。
恐竜の絶滅といえば、この「チチュルブ・クレーター」を形成した
巨大隕石衝突が一番に取り上げられる話題になっている。

しかし、恐竜絶滅期において、それは・・・

あくまで序章でしかすぎなかった!

その存在は前から知られていた。
しかし、あまり語られることのなかった
知られざるもうひとつの巨大隕石衝突・・・。

さらにそれは
チチュルブをはるかに上回るものだった!
長径650km、短径400kmという
世界最大の巨大クレーターが
インド西岸に存在し、このクレーターを形成した
隕石は直径40kmとはるかに巨大だ!

このクレーターはインドの破壊を司る神「シヴァ」の名を与えられ
「シヴァ・クレーター」と命名された。

チチュルブ隕石が衝突した30万年後、
そこからちょうど地球の裏側。

まだインド亜大陸がアフリカ大陸東岸の沖合いにあった。

直径40kmのシヴァ隕石は南西の方角から低い角度で
大気圏を侵入。

衝突時はインド亜大陸西部の大地もろとも
えぐりとり、広い範囲で高温のマントルがむき出し状態になったのだ!

gkojax:

toyolina:

konishiroku:

竜を滅ぼし破壊神シヴァ|川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba

恐竜が絶滅した理由には様々な学説があるが
その中でも最も知られているのが巨大隕石の衝突だ。
6500万年前、メキシコのユカタン半島沿岸に
直径10kmの巨大隕石が落下し、これが世界規模の
気候変動を引き起こして恐竜など様々な生物が
絶滅したというものだ。
その衝突エネルギーは広島型原爆の50億倍という
凄まじい破壊力といわれいる!

そして現在、その傷跡はユカタン半島沿岸に
直径にして160~240kmもある「チチュルブ・クレーター」
とよばれる大きなクレーターが地下深くに埋もれているという。
恐竜の絶滅といえば、この「チチュルブ・クレーター」を形成した
巨大隕石衝突が一番に取り上げられる話題になっている。

しかし、恐竜絶滅期において、それは・・・

あくまで序章でしかすぎなかった!

その存在は前から知られていた。
しかし、あまり語られることのなかった
知られざるもうひとつの巨大隕石衝突・・・。

さらにそれは
チチュルブをはるかに上回るものだった!
長径650km、短径400kmという
世界最大の巨大クレーターが
インド西岸に存在し、このクレーターを形成した
隕石は直径40kmとはるかに巨大だ!

このクレーターはインドの破壊を司る神「シヴァ」の名を与えられ
「シヴァ・クレーター」と命名された。

チチュルブ隕石が衝突した30万年後、
そこからちょうど地球の裏側。

まだインド亜大陸がアフリカ大陸東岸の沖合いにあった。

直径40kmのシヴァ隕石は南西の方角から低い角度で
大気圏を侵入。

衝突時はインド亜大陸西部の大地もろとも
えぐりとり、広い範囲で高温のマントルがむき出し状態になったのだ!

4日前に投稿

ZAZEN BOYSのライブ音源『Live At 大牟田ふじ』が、オフィシャルサイトで無料配信されている。

無料公開されているのは、8月23日に開催された福岡・大牟田ふじ公演のライブ音源。冒頭の“Honnoji”からラストを飾る“Asobi”まで全21曲がビットレート128kbpsのMP3形式で配信されている。録音は2本のマイクで行われたとのこと。配信期間などは明かされていない。

4日前に投稿
羊は顔が毛で覆われて前がよく見えていなかったのでこっそり近づいて捕まえた。
4日前に投稿

寿司はうまい。寿司はうまいので寿司と結婚したいと思う人もいることでしょう。しかし寿司は人間ではないので結婚できない。結果的に寿司屋の娘と結婚することになります。

寿司好きなあなたは、寿司であれば何でも食べたいと思う。だから回転寿司だって、午後8時のスーパーの総菜売り場で半額になっている寿司だって好きなはずです。しかし、寿司屋の娘と結婚したばかりにそういった Guilty Pleasure は御法度となります。

「ああいうの食べるなんて頭どうかしてる」

寿司屋の娘はあなたにそう言います。寿司のことが好きすぎて、でも寿司とは結婚できないから寿司屋の娘と結婚したのに、安い寿司が食べられなくなったことでかえってあなたの生涯寿司数は低下するのです。寿司との距離、これがこの文章のテーマです。

6日前に投稿

the-gasoline-station:

Plasticity

What: Church of St. Pierre 
Built by: Le Corbusier & José Oubrerie
When: Construction began in 1971 but was abandoned, it restarted and ended in 2006.
Where: Firminy Vert, France
Visited: June 2013 

By Miroslava Brooks

(出典: ombuarchitecture)

6日前に投稿
1週間前に投稿
8 :名無しのひみつ:2014/06/08(日) 18:11:16.69 ID:x/ef5NYN
想像を絶する光景だろう。
大気層の満ち引きだぞ。文字どおり、空が落ちてくる
1週間前に投稿

マトリックスぐらい極端に映像のローコンテクストと、 テキストのハイコンテクストを切り離す必要がある。

こう考えると押井守は、 ストーリーとはあまり関係ない無駄な見せ場で観客を退屈させない ジョン・ウーや、ローランド・エメリッヒにあたるような人材を 「映像副監督」として雇って映画を作ったらいいということになる。

1週間前に投稿

tue1972:

今日買った妖怪本のこのページが1番印象的でした。
1週間前に投稿

Into the Purple Mist by (colinbooks)

(出典: R2--D2)

1週間前に投稿

boardgame:

アベンチャラーズ ホルスのピラミッド

評価:5/10

トレジャーハンターとなって、宝さがし。

遺跡でお宝を漁って、時間切れになる前に脱出するチキンレース。

遺跡内のいたるところにお宝は落ちているのだが、奥へ行くほど良いものがある。

お宝カードを持てる枚数は決まっているので、良いお宝を集める方が効率は良い。

そして、お宝を持てば持つほど動きが鈍くなる。

欲張り過ぎると逃げ遅れることに・・・

ラウンドが終わる毎に壁コマがマスを埋めていく。

壁は取り除くことができないので、帰路を絶たれるとゲームオーバー。

しかも、壁の発生位置は、ほぼランダム。

どこまで、宝を漁れるかのチキンレース。

冒険映画で良くある「宝が欲しいけど、遺跡が崩壊」ってシチュエーションを体験できる。

ミイラとか、ワニみたいなキャラクターやコンポーネントのおかげで雰囲気は抜群。(コマの着色は持ち主によるもの)

カード運、壁の発生運など、運要素満載だが冒険と運は切っても切り離せないからね。

内容は薄いけど、演出で楽しませるハリウッド映画的なゲーム。